Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
プロフィール

Felix清香
(フェリックスさやか)

profilephoto

応援団ライター。「カラダにいいこと&セカイにいいこと」を軸に、ステキな人、仕事、ものを取材し、応援し続けるライター。企画、編集、翻訳、執筆から、記事執筆後のPRまでお手伝いします。


現在、greenz.jp(ソーシャルビジネス系)、Pouch(女性のための美容と健康&おもしろ・役立ち情報系)、 MSN女ブログ(女性のための美容と健康、ソーシャルビジネス系)で執筆中。書籍や販促冊子も書いています。


もともとマーケティングに興味があり、ソーシャルメディアを学びながら記事を書きながらPRのお手伝いをするうちに、起業家女性のブログ、メルマガや、プレスリリースのアドバイスをするようになりました。


このブログでは、自分でお仕事をなさっている人に役立つ、「記者ならではの視点でのPRアドバイス」ソーシャルメディアの使い方文章の書き方を書いていきます。


ココナラでプレスリリースの添削サービスをやっています。



HP: http://sayakafelix.com

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

New Entries
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【PR関連】記者の希望するプレスリリースの書き方&送り方
0
     【PR関連】記者や編集部の希望するプレスリリースの書き方&送り方


    プレスリリース

    今回は、プレスリリースを書こうと思っている方に向けて、記者や編集部の本音を交えつつ書きます。下記の内容は、「メディアで仕事をしているからってえらそうに!」と思われる内容を含んでいるかもしれません。また、全員の記者や編集者が常に下記のように思っているとは言えないかもしれません。でも、どんな人がプレスリリースを読むかを選べない以上、一番忙しく、一つの記事に時間をかけられない人を想定しておいて損はないと、私は思います。そんな前提で書いているということをご了承ください。


    ではさっそく紹介します。


    1.1枚に収めてください

    どうしても2枚に渡ってしまう場合は、2枚目は補足資料にして、1枚目だけで内容がわかるようにし、1枚1枚に連絡先を書いてください。編集部によっては、毎日大量のプレスリリースが届きます。Faxで届いた場合、1枚目と2枚目が泣き別れになってしまうこともなきにしもあらず、です。また、記事にできるかどうかわからないようなプレスリリースをじっくり読むことは少ないです。「お!これは記事にできるかも?」と一瞬で思わなかったら、2枚目まで読むわけはありません。一瞬で「記事にできそう」と思えば、書かれているURLにアクセスしてみるくらいのことはやります。つまり、2枚も書く必要はないのです。



    2.5秒で読めるようにしてください

    プレスリリースは大量に送られることが多いため、編集部が記事にできるかどうかを判断するのに使う時間は一瞬です。そのために、以下に注意して書いてください。

    ・言いたいことは1つだけに絞ってください

    ・言いたいことがずばっと伝わるタイトルをつけてください

    ・箇条書きでまとめてください

    ・一文を短くし、主語と述語のねじれや助詞のまちがいのない文章を

     書いてください

    ・専門用語を使わないでください

    ・自分なりのこだわりのある言葉ではなく、

     一般の人がわかる言葉で書いてください



    3.必要な数字(根拠となる数字)をあげてください

    「〜する人が多い」「流行」と言う場合は、裏付けとなる数字的データを入れてください。編集部や記者に「本当???多くない気がするけど」と思われた時点で、事実がどうであれ、記事になる可能性はかなり低くなります。よっぽど内容がおもしろい場合は別ですが、データを自分で調べて確認してから記事にするかを判断することはない、と思ってください。



    4.誰にどんな風に役に立つor興味を持たれる情報なのかが一目でわかるように書いてください

    広告を載せている媒体は、記事広告(記事の体裁をした広告)やタイアップ記事(広告費をもらって広告主と協力して書く記事)を載せている場合がほとんどです。


    プレスリリースを、多くの人に伝える価値がある情報だとわかるように書かなかった場合、編集部や記者は「だったら広告を出してよ〜」と思うでしょう。広告費用を払っていないのに、編集部や記者がプレスリリースを見て、「この部分を、こう紹介したら記事になるかもね」なんて、考えてくれないと思ってください。


    だから、自分でプレスリリースに「○○という人に□□という点で役立つサービスです」とはっきり書いてしまうのです。そうすれば、編集部が「記事にできるかも!」と思いやすくなるのです。



    5.媒体とプレスリリースの内容が合うかを確認して送ってください

    子ども向け通信教材を編集する会社に勤めていた頃、頻繁に大手の衣料品メーカーから「新発売の女性向けパンティストッキング……」なるプレスリリースが届いていました。当然、誰も自分宛に来ているとは思わないので、Fax機に放置されたままでした……。どうしろっちゅうの……


    こんな状態はちょっと大げさですが、それに近いことは頻繁に起こります。女性向け媒体の媒体なのに明らかに男性向けの商品の売り込みやプレスリリースをもらったり、同じ女性向けでも「リラックス&息抜き&お楽しみ」の内容を提供する媒体なのに、「がっつり学べる」を売りにするプレスリリースをもらったり。正直、困惑します。


    どんなに良いサービスでも、媒体の読者やテーマに合わないものは取り上げられません。万が一取り上げられたとしたら、意図しないイメージで書かれてしまうかもしれません。どの媒体に送るかを、よく考えて送ってください。



    <今日のポイント>

    記者の希望するプレスリリースの書き方&送り方は以下の5点を意識すれば書けます。

    1.1枚に収める

    2.5秒で読めるように書く

    3.必要な数字(根拠となる数字)をあげる

    4.誰にどんな風に役に立つ商品・サービスなのかが一目でわかるように書く

    5.媒体とプレスリリースの内容が合うかを確認して送る



    【関連記事】

    【PR&プレスリリース】これをやったらメディアに嫌われちゃいます1

    【PR関連】再度取材される方法とは? 一度取材されたことを次に生かすためにすべき、3つのこと




    posted by: sayakafelix | PR&プレスリリース | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://writer.sayakafelix.com/trackback/8
    トラックバック